【結婚式の費用に悩む人続出】数多のプランから絞り込んで格安を発見

手作りしてみる

ウェディングイラスト

ウェルカムボードというのは、業者にお願いするのも良いのですが、安くしたいのであれば自分たちで使ってみましょう。デザインに自信がないのであれば、インターネットで検索して参考にしてみたり、大雑把にテーマを決めてみると良いです。

More...

定番化したバルーン

電報

結婚式の際に贈る電報には様々なギフトを一緒につけることができますが、定番化するほど人気なのがバルーン電報です。インパクトの大きさはもちろんデザインも実に豊富なので、新郎新婦の好みに合わせてもよし、式場の雰囲気に合わせてもよし、必ずこれといったバルーンが見つかります。

More...

計画的に見積もりをする

結婚式

支払い方法を考える

結婚式にかかる費用は何かと高くつくことが多く、計画を綿密に立てて行わなければ高額となってしまうこともあります。現代では、共働き家庭も多く特に若い世代の結婚は十分な貯金がない場合もあります。結婚式の費用は、大体300万円くらいが相場と言われているので夫婦の貯金や親からも頂く結婚資金なども含めてお互いバランスを取りながらお金を出し合う必要があります。結婚式会場によっては、基本的には費用は前払いとなりますがクレジットカードでの支払いやブライダル用のローンを組むことも可能です。結婚に充てられる資金だけでなく、支払い方法を考えることで結婚式の費用も上手く支払いを済ませることが出来るようになると言えます。

食事会のみが増えている

現代では、結婚式に充てられる費用が少ないこともあげられますが、共働き同士で仕事を休むことが出来ないことなどお互いの時間がないこともあります。また、大勢のゲストを集めて盛大にお祝いをしてもらうのではなく本当に仲の良い友人や親しい人だけを招いて行う少人数制の結婚式も増えています。そして、挙式を行いその後食事会のみを行うだけのシンプルな結婚式のスタイルも多くなっています。その分費用や時間も抑えることが出来るので、ハネムーンや育児にお金を使うという人も多いです。その家庭によってお金の使い方や目的は異なるので、よく話し合って夫婦二人が理想とする結婚式のスタイルを考えたうえで行うようにすると良いと言えます。数多のプランから絞り込んで格安を発見出来るでしょう。

マナーと人気デザイン

招待状

結婚式の招待状は、ゲストが最初に結婚式について触れるアイテムなだけに、出す時のマナーも招待状のデザインも気を付けたいものです。両家の親と話し合ったり、招待状のデザインに迷いながら楽しく作成・発送したいですね。

More...